2017年08月17日

なぜ藤光?

 世界陸上も終わってしまいましたね。
日本人は全体的には、メダルも400mリレーと競歩(銀と銅)の3つだけと低調でしたが、短距離男子だけは盛り上がりましたね〜

そこでなんですが私は リレーの選考でなぜ藤光だったのだろう?と疑問に感じていました。
予選ではケンブリッジ飛鳥だったのに、決勝が藤光選手に変更



IMG_20170817_013816.jpg


持ちタイムが
多田修平 10秒08
飯塚翔太 10秒08 意外と早い、いつ出した?
桐生祥秀 10秒01 
藤光謙司 10秒23


ケンブリッジ飛鳥10秒08

これ藤光選手だけ 遅すぎるんじゃないか? なぜこの大会一度も走っていない藤光をここ一番でだしたのだろう?

コーチが 「賭けにでた」と、いっていたのだが、私は密かに 藤光選手、今までがんばってきたので、最後の花道を用意してあげたんじゃないのかなぁ・・と思います。

だって、普通に考えたら、いくら調子が悪いといっても、ケンブリッジ選手のほうが早いし、リオのリレーでメダルを取った経験もありますし

結果無事にメダルも取れたし(ボルトが足を痛めなければ4位ですね、ボルトが最後ちゃんと走ってれば!という興味のほうも大きいですが)全然問題なく終わりましたけど。

そしてもちろん私も不満は全然ないです。ただ日本人の感情論?が、多少なりともあったのでは、と思っただけで、別に藤光選手が嫌いでも、なんでケンブリッジじゃないんだよっ!という怒りとかもないですし。
ただケンブリッジ選手自身は不満だっただろうとは思うけど。

メディアや、ネットでも誰もこの辺はあまりツッコミ入れてなかったけど、「賭けにでた」という舞台裏がもし本当にあるなら詳しく知りたいですね。


さて、稼働の方は 甘海を打ち 5000発使って6000発 換金5k 短っw

ランキング 
ご協力よろしくお願いします

 



パチンコ・パチスロ ブログランキングへ

あとTBSのアナウンサーが、前に出過ぎず英語も話せて、好感が持てましたね(^^


posted by ハタ at 02:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする