2022年10月30日

精神病のおばちゃんからの久しぶりの依頼

先日 例の精神病のおばちゃんから仕事の依頼があった。

片付けられないこのおばちゃん、実家暮らしだと、姉や、甥っ子にいじめられ、ストレスが溜まるので、アパートに一人暮らしを始めたのだが、、、

病みが進行している。

アパートに荷物を移動したり、ラックを組み立てたり、色々入居の際手伝いをしたんだけど、それから、仕事の依頼→キャンセル→やっぱり依頼→やっぱりキャンセル それの繰り返し。

なんなんだろう・・ しょーもないウソの理由でキャンセルしてくるんだけど、依頼の時には、お昼ご飯はどこどこのお店行って、あれ食べようよ、とか、凄い盛り上がっていて、私も、はいはい、わかりました、と答えるんだけど、前日の夜に急にやっぱり みたいな 

流石に私の仕事にも影響もあるし、いい加減相手もしていられない。

躁鬱の状態なんだろうか? 

うつ病って、酷くなって最終的には死んでしまうイメージがあるので、このおばちゃんもいつかは・・
この前会話した時に「死のうと思って、風呂場で包丁刺してみたけど、太ってて包丁が刺さらなかったの〜」と冗談交じりだけど、言ってたしな。私もその時は「いや、ここで勝手に死なれても、管理人やら隣人やら色々迷惑かかるので、やめてよ〜」と返したのだが、はっきり言って私も迷惑だ。生きる死ぬは本人の自由だが、気持ちのいいもんじゃないからね。

で、昨日、ようやくキャンセルせずに、片付け仕事に行く。 


アパート行ってみたらば、、、 どこぞの通販サイトで買った収納ラックが4箱 


これを組み立てて、押し入れに入れてほしいと。 


これ、はっきり言って意味がない。 入居時も、ラック6,7個作って、「もうラックだけで部屋いっぱいになっちゃうよ」と忠告したのだが、直らない。すでにアパートも、ぬいぐるみや、来客用の布団や毛布や、雑貨で手狭になってしまっている。
実家の彼女の部屋も同じような状態で放置されているのだが、同じものを同じように買いまくっている。


「これ、、、捨てなきゃ片付きませんよ、流石に」と私が言うと


「そこをハタさんの便利屋の腕で、ラックを使ってなんとかしてください」と。



このラックが邪魔なのよっ!


永遠にこの繰り返しで作業はほとんどはかどらず、昼ご飯をラーメン屋で食べて、買い物に連れて行って、1万円ほど貰って終わるのだった・・

ランキング 
ご協力よろしくお願いします

 



パチンコ・パチスロ ブログランキングへ

posted by ハタ at 10:54| Comment(0) | パチンコ・パチスロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする